ボーナス

ボーナスがある月に前倒しでの返済

教育資金が不足している時は、学資ローンや奨学金でまかなう人が少なくありません。奨学金を受けることができれば一番いいのですが、収入などが理由で断られた時は学資ローンの出番になります。国が取り扱っている学資ローンが、借入条件が優れているといいます。民間の教育ローンを検討する前にまず、国の学資ローンである教育一般貸付から検討しましょう。

国の学資ローンは、民間の学資ローンよりも金利がよく、返済に関する条件も有利な傾向があります。子供1人に300万円までの借り入れが認められていることも国の学資ローンの強みです。受験費用や一人暮らしの住居費なども学資ローンでまかなえるという点からも、まとまった金額の融資は嬉しいものでしょう。元金据え置き期間ももうけられ、返済は15年以内と余裕があります。低金利の融資が可能な点も嬉しいところです。

ボーナスがある月に前倒しでの返済も認められています。国の学資ローンを利用する場合には所得制限がありますが、世帯の年間収入が990万円以内であっていくつかの要件を満たせば利用できる場合もあります。民間の学資ローンよりいい条件でローンが利用でき、公的機関なので安心感があることも国の学資ローンのメリットです。国の学資ローンをまず候補として考えてみることが、学資ローンを選ぶ時にはいいようです。